介護現場へのAI技術導入の不安と疑問 メリットデメリット【考察】

Byクアトロ

老人を介護する女性

こんにちは、クアトロです。


皆さんは介護現場におけるAIロボットなどの技術の導入、単純に賛成ですか?それとも反対派ですか?


僕が現在(休職中ですが)働いている介護現場でも、高性能な介助機器や、補助道具が一部の介助で導入されています。


職員の不足や安い賃金での過重労働、それに伴うストレスなど、介護の分野はこれから避けて通れない今後の日本の高齢化問題の重要な社会的課題であり、チーム内でもお年寄りの介護、介助について実際にどの程度まで機器や補助具を使うかという話題は常に議題にあがります。


厚生労働省の社会保障審議会が2017年4月26日に公表した「介護分野の最近の動向」(*1)によると、要介護(要支援)認定者数は622万人で、介護給付費の総額は10.8兆円にのぼる。団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年を目前に控えた日本では、介護人材の不足や社会保障費の増大が大きな課題となっている。


これは医療分野にしてもいえることで、どこからどこまでを線引きするかは確かにとても難しい問題ですよね。


「対象が物や道具ではなく、人間である。」というところが大きなキーポイントだということは言うまでもないと思いますが、この部分のフォローアップが現実は一番難しい。

人とAI双方のメリットやデメリット、両者の特徴を実際に自分が働いている現場の観点から考察してみたいと思います。

本項の主な考察ポイント

  • 究極の対人サービス業といえる介護でAIは本当に利用者の真の感情を汲み取ることができるのか?
  • 先進的な技術は確かにさまざまなメリットがあるが、細かい部分の不安も多い
  • 人手不足や高齢化が進む日本では確かに補助的な利用価値は多いにある


Contents of articles



介護現場へのAI技術導入のメリット


深刻な人手不足の問題を抱える介護分野では、人間にはなかなか難しい緻密な作業や流動的な行動ができるプログラムを組み込んだAIロボットの導入は、掃除や片付け、洗濯、荷物運びの軽作業など、介助以外に時間を取られる作業には非常に効率的でスピーディーな作業ができるのでは、と個人的には思っています。


現時点での介護におけるAI技術がどこまで進んでいるかはまだまだ具体性や現実味に乏しいですが、大まかに導入のメリットになり得ると確信できるのは以下のとおり。


  • 人手不足による補助的作業を効率的に担える
  • 緻密で細かい作業が可能になる
  • 機械的な作業が得意なので、事務的な仕事やケアプラン作成などのマネジメントも可能

プログラムを人工知能に組み込めば、煩雑な事務作業や会計整理、コピー業務など、いわゆる機械的作業は非常に効率的でスピーディーな仕事をしてくれそうな気はします。


リアルタイムで素早い行動を常に求められる介護の現場では、こういった補助的な作業を負担してもらえるのは非常に助かりますし、個人的には間違いや誤差も少なくなると思っています。


また、先進的な技術を導入した介助器具の導入も、リフトなどで利用者さんをしっかりと支え、苦しくないように持ち上げる動作や、調理器具などの荷物運びなどにも大いに役立つことが期待できます。


AI技術を導入することのデメリット


一番心配な課題は高齢者、利用者の方との温かみのある綿密なコミュニケーションができるのかどうかです。


実際に介護現場の実情をリアルに経験している僕としては、認知症の方や痴呆を患う高齢者の方とのコミュニケーションの難しさをよく理解しています。


人と人との信頼関係や、介助することで生まれる愛情、温かみのある人間性は、やはりロボットでは到底まかなうことはできない、と私的には思っています。


また、精密な作業ができるといっても、実際の介護現場は決してあまいものではありません。


トイレ介助や入浴介助、食事介助など、同じ介護現場で働いている方には共感していただけると思いますが、どんなに技術が進歩しようとも賄うことができない細かな行動や、表現能力が求められます。


介護現場は人でも予測できない行動の連続です。工場の詰め物作業のようなマニュアル化されるような仕事ではありません。


利用者の方の突発的な行動や対処に対して、現時点でいくらAI技術が発達したロボットでも、それらを担えるとは私には到底思えないのです。


そういったことを踏まえてのデメリットをまとめてみます。


  • 優秀な人工知能をもつロボットでも介助では人間の脳でしか対処できない事項がある
  • 導入コストや維持費用が現時点で非常に高額
  • 感情や愛情表現など、介助における最も重要なコミュニケーションへの課題

導入コストや費用面も、現在の介護現場における政府の補助制度では浸透していくのはまだまだ時間がかかるでしょう。


介護における介助の本質を考えると、取り組むべき課題もまだまだ多いですね。


個人的見解(不安と疑問)


本当に信頼関係の構築や突発的現象にAIロボットはどこまで対応できるのか


僕が接してきた中で、重度の認知症をもつ方の対応の難しさや、介助に対しての細やかさはとても繊細な部分があります。


また、最近は見守りロボットなどの開発も進んでいるようですが「人が起こす予測できない突発的な行動に対応できるのか。」


例えば、僕が現場で経験している例では、認知症のおじいさん、おばあさんが食事介助でスプーンで汁物をすくっているほんの数秒で誤嚥したり、トイレ介助中に突然膝折れしてしまったりなどのことは、現場では日常茶飯事です。非常に繊細な行動が求められる。


本当に利用者個々人の状態や行動を把握して、しっかりとした介助ができるのかについては非常に不安要素も多いですし、疑問点もあります。


まとめ


AI技術は補助作業にはとても役に立つけれど、介助の本質は人が担うべき


座っている老人と話す女性

感情や表現の理解は、介護の世界では理解の範囲を超えることがたくさんあります。


親身で具体的な介助は職員が担当して、それ以外の事務作業や機械的作業はAIロボットに任せるなど、作業分担に応じて適切な使い分けが出来れば、AIの導入は有意義なものになると思いますね。


深刻な人手不足の中で、AIがどこまで頑張ってくれるのか、今後非常に注目です。

Share

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply